トップ » 不動産担保ローンの返済

不動産担保ローンと保証人

不動産担保ローンにより金融機関から融資を受ける場合、保証人を求められることがあります。まず、連帯保証人の場合、債務者が月々の返済をしなかった時、代わりに弁済する責任を負うことになります。これとは異なり物上保証人は債務者の代わりに弁済する責任を負うことはなく、担保に供した自分の不動産が売却されることになります。売却によって得られた金銭から、返済額が控除されることになります。このように、不動産担保ローンは円滑で確実な返済を確保するため、各種の保証人が立てられることがあります。

不動産担保ローンを利用し資金を

資金繰りに悩む中小企業の事業資金調達をサポートする不動産担保ローンは、様々な金融機関が提供しているサービスです。それまでの経営実績が重視される無担保ローンでは融資を受けるのが難しい場合でも、不動産の担保力が審査基準に加わるため、融資が受けやすく、低金利、融資上限額の高さも特徴です。不動産担保ローンは銀行、信用金庫などの他に、貸金業者などのノンバンクもサービスを提供しています。ノンバンクは金利の面で見劣りする分、融資までの手続きが早い傾向があり、早急に事業資金が必要な時には検討しておきたいサービスです。