トップ » 不動産の媒介契約3種

不動産業者との媒介契約の概観

不動産を売りたいときに業者に買主を探してきて欲しいと依頼します。業者は買主を探し出してきて売主と買主との間で売買契約を成立させると、業者は報酬を貰うことができるのです。これを媒介契約といいます。媒介契約には、同時に複数の業者に媒介を依頼することができる一般媒介契約、他の業者に媒介を依頼することはできないが依頼者が自分自身で買主を見つけてきてもよい専任媒介契約、他の業者に依頼することも依頼者自身が買主を見つけてくることもできない専属専任媒介契約の3種類があります。後2者の契約を結ぶと仲介手数料を安くするなどのサービスをしている不動産業者も多くいるようです。

業者と専任媒介について

不動産売買や賃貸のようなときには、それに関する業者に対してその売買の仲介や賃貸契約の仲介などを依頼することになります。この場合、依頼人とそれに関する業者間で媒介契約が締結されますが、それには3種類ありまして、つまり、一般媒介契約、専属専任媒介契約、専任媒介契約です。後者2つというのは、特定のそれに関する業者に依頼していれば、他のそれに関する不動産業者に対して依頼することができないといった拘束を受けるものでありますので、依頼するときには、その媒介契約における契約形態についても注意する必要性があります。